背もたれのクッションを改良中

毎日使うものは体に合うものが良い

パソコン作業用のイスがあるのですが、普通のアーロンチェアとかではなく、ダイニングチェアを使っていたりします。理由は、足付きが良くて安定するからなんですが、やはり、ダイニングチェアなので背もたれの感じがどうもしっくりきません。

まあ、購入前に結構色々と探してようやく良さそうな座り心地だったという事から、仕方ない部分もあるのですが、どうにかもう少し楽に座れるようにと背もたれのクッションを購入してみました。

そのクッションは、斜めの勾配が付いているタイプなのですが、ダイニングチェアの背もたれがほぼ直角なので、少しゆったり目に座れるようになります。

でも、クッションもそういうタイプは数が少なく思ったより厚みがあるので、今度は、背中が押される感覚で楽な姿勢が取りにくくなってしまいました。

もうこれは、クッションの中身をカットしていくしかないと思って取り出してみると、中には、形状記憶の低反発スポンジが入っていて、これがなかなか綺麗にカットできない。

カッターで切ろうものなら、ボロボロと表面が微妙。しかも、めちゃくちゃ切りにくいのでどうしたものでしょう…。

それでも、大きな布きりばさみを持ち出して奮闘し、どうにか、ある程度のサイズにまで加工することができました。以前よりは、圧迫感も減り、座り心地も改善。

でも、まだ微妙だったので、こんな時に使える工具はと思って探してたどり着いたのが発泡スチロールカッターです。

これなら、電熱で溶かしながらカットする事ができるので、綺麗に切れるし、加工が容易になります。という事で、持っていないので色々探してみる事にしました。

発泡スチロールカッターですぐ思い浮かんだタイプは、U字のステーにワイヤーを付けてカットするタイプですが、これだとクッションの幅より全然短いので少し作業がし辛いように感じました。その上、そんなに使わないので邪魔にもなりそう…。

と思っていたら、なんと、ペン型の発泡スチロールカッターがある事をこの時初めて知ったのですが、これなら、加工もしやすくコンパクトに収納できるので邪魔にもなりません。横に切ったりするだけでなく、穴開けにも使えそうなので便利そうです。

耐久性がどの位あるのか気になるところですが、価格も3千円以内で購入できて商品自体も何種類かしか無かったので、とりあえず、レビューの一番多いものを購入してみる事にしました。

発泡スチロールカッターなんて、日常的にそんなんに出番は無いように感じますが、丁度、ストレッチポールも少し長いなと感じていたので、それを切ったりもできそうだし、家電などが送られてくる時に付いてくる発泡スチロールを処分したりする時にも、使えそうなので持っていれば、手間が減りそうです。